e790b3e6b4be

展覧会『ぼくらが日本を継いでいく-琳派・若冲・アニメ-』が東京で開催。
「風神雷神図屏風」や「紅白梅図屏風」などの名作を描いた江戸中期の画家、尾形光琳の死から7月20日で300年を迎えた。波乱に満ちた生涯を、画像集とともに振り返る。
創始者のひとり、本阿弥光悦が徳川家康から鷹峯の地を拝領し、一族や法華宗徒仲間を率いて移住し芸術村を築いたのが今から400年前のことです。
国宝の「風神雷神図屏風」をモチーフにした「マリオ&ルイージ図屏風」が完成。10月から一般公開されることになった。