election2013phase

今回の参議院選で日本維新の会から全国比例に立候補して当選させていただいた。感謝の念でいっぱいである。選挙中は「なぜ維新?」という疑問とともに「なぜ参議院?」という疑問を数多くいただいた。
7月21日に投開票された参院選に、環境政党の「緑の党」から出馬した音楽家の三宅洋平氏。比例区で17万票を獲得し、同じく比例区から出て当選した自民党の渡邉美樹氏、社民党の又市征治氏よりも票数が多かったので落選した。「参院の選挙制度がおかしい」という意見がネット上で拡散していたが、ハフポストの記事についたコメントでは「選挙戦略の問題」とする意見が目立った。
自民党政権はそんなに無能でもないし、民主党をはじめとする野党に地方組織はほとんど無いのに加え、彼らには谷垣元総裁のような存在もなく、その前途は誠に暗いというしかありません。「今度自民党が失敗する時は、それは自民党の終わりではなく日本の終わりなのだ」ということが、今ほど実感を持って感じられるときはありません。
民主党の細野豪志幹事長は22日、自身のツイッターで、参院選での惨敗の責任を取って海江田万里代表に辞表を提出したことを明らかにした...
参院選比例区の目玉候補と見られていた「日本維新の会」のアントニオ猪木氏(70)と、自民党の渡辺美樹氏(53)は2人とも当選したが、猪木氏が開票直後には報道各社が当確を出したのに比べると、渡辺氏の当確が出たのは明け方近く。まさにすべりこみセーフだった。
緑の党の比例区から参院選に出馬した音楽家の三宅洋平氏が、17万を超える票を集めたのに落選したことが、ネット上で話題になっている。三宅氏が所属する「緑の党」全体の得票が少なかったのが原因だが、三宅氏より得票数が少ない議員が続々と当選していることについて疑問視する声が広がっている。
安倍晋三首相と公明党の山口那津男代表は22日午後、国会内で会談した。党首会談では、衆参の「ねじれ」を解消したことを受け、今後の政権運営方針について協議したという。
参院選で自民党が圧勝したことで、規制緩和などに対する利益団体の動きに注目が集まっている。参議院は、さまざまな利益団体の利害を代表した政治家(いわゆる族議員)が多く、今回も多数当選している。これまで自民党は、参院で過半数を取れない、いわゆる「ねじれ」解消を最優先し、抵抗勢力とレッテルを貼られやすい族議員の活動を自制してきた面がある。自民優勢という声が大きくなる中で、選挙後は反TPPなど利益団体の活動が一気に顕在するとの見方が多くなっていた。
第23回衆院選で、自民党が圧勝した結果を受けて、各界著名人が様々なコメントを出し始めた。科学者の茂木健一郎さんもその一人。茂木さんは、「国民に野党はなく、野党の立場は政治家を鍛える」と題して、連続ツイートを行った
自民は選挙区、比例ともに順調に票を獲得しており、盤石な状況であった。だが足元では、有権者の世代交代が進んでいるという兆候も見え隠れする。特にその傾向が顕著にあらわれたのが東京選挙区である。