faa

実況中継中に空からドローンが降ってくる光景は、ほとんど映画か何かの作り物のようにも見える。
クリスマスシーズンのドローン販売を考慮して、アメリカ連邦航空局は今後数週間のうちに勧告案を承認するものと思われます。
将来、ドローンはピザを配達するようになるだろう。今日、サンフランシスコで開催されたTechCrunch Disruptのステージで最も旨味のある指摘だ。
Amazonはやっと、今の型のドローンを合衆国国内でテストできることになった。
成長分野として大きな注目が集まっているドローン(小型無人飛行機)市場だが、米政府が運用規則の策定に時間を要する中、海外企業は米国に先駆けて事業展開を図ろうと機会を探っている。
米連邦航空局(FAA)は23日、国内航空会社に通達していたイスラエル・ベングリオン国際空港の発着禁止措置を解除した。
日本航空や全日空は、中国が主張し始めた防空識別圏に当初従う決定をしたが、日本の航空当局からの圧力により、撤回に至っている。ところが、中国防空圏にB-52爆撃機を送り込んで挑戦状を叩きつけたはずの米国で、連邦航空局FAAはユナイテッド航空やデルタ航空に対し、中国側の要求に従って飛行計画を通知するよう勧告した。