facebook

「ロイター・インスティテュート・デジタルニュースリポート」の中で、国別の情報プラットフォームに対する「不信度」が示された。
Facebookはそのポリシーを試されている状態であり、ヘイトや暴力を制限するための素早い対応ができることを示すことが期待されています。
この管理機能は6月2日からモバイルアプリで一部のユーザーに公開され、数週間かけて順次公開範囲が広げられるという。
寄付は、警察による残忍な行為に対して米国中で起こっている抗議デモを受けてのものだ。
Twitterは「暴力を賛美する」ものだとして大統領のツイートを警告したが、Facebookは沈黙を貫いたままだ。
Twitterのジャック・ドーシー氏はこれは「事実の判定者ではない」と反論しています
木村花さんの訃報を受け、実効性のある取り組みを行うと声明。誹謗中傷への対応を、SNS運営会社に求める声があがっていた。
Facebookは、フェイクニュースやヘイトスピーチの対応に苦慮している。問題となっている事例とそれに対する取り組みをまとめた。
アカウントの公開/非公開や「ミュート機能」など、SNS上で自分の安心安全を守るために使える機能や設定を紹介。誰でも無料でダウンロードできます。
同政府は以前にも、この2社に対して国内のニュース発行者と広告収入を分け合うようにと要請したことがある。
現時点では8人まで参加可能だが、数週間以内に50人までに拡大される予定。また参加者は、Facebookのアカウントなしでもブラウザから参加できるようになる。
実際に会ってデートができなくなってしまった現在、「仮想デート」の需要が高まっている。
まだリリースされていないが、Messengerの自動ステータスは、現在地、加速度計、バッテリー状態をの情報を利用してユーザーが何をしているか推測し、情報を「親しい友達」リストにあるユーザーと共有するという。
アメリカ大統領選では、偽情報の拡散が問題となっており、FacebookやTwitterではフェイク情報に対するガイドラインを制定し、今回が初の適用となった。
今回のケースは誤訳だが、過去には“あの政治家”が実際にこの言葉を使っていた...。
同社もしくはグループ会社が提供するMessenger、Instagram、WhatsApp、そしてもちろんFacebook本体で使える統一決済システムだ。
アメリカではフェイスブックが政治広告のファクトチェックを拒否したことで批判を浴びている。従業員からCEOのマーク・ザッカーバーグ氏らに宛てられた公開書簡が話題となったばかりだった。