fazaringu-japan

安藤哲也さんに突撃インタビュー。「育児は社会を変えるという自覚を持って」とパパたちに訴えました。
それぞれの職場で「働き方改革」をどう進めるかが課題になっているが、その「起爆剤」として注目を集めるのが「イクボス」だ。
「『過労死で有名な国』というブランディング。これを変えていかなければいけない」
「イクメンが増えていると言われるが、自分ももっとやらなければとプレッシャーを感じる」。そんな声を育児中の男性から最近耳にする。
母親ばかりのPTAに父親が入っていくためのコツや、本部役員の選考方法、学校との協力体制づくりなど、実践的な内容で盛り上がりました。
実際に、イクメンとなって、子育てや家事を妻とシェアし、妻の負担を軽減できているという人というのは、ほんの一握りに過ぎません。多様性を認め合いながらも、社会問題を解決し内包していくことが重要です。
激戦が繰り広げられている東京都知事選。2月9日の投票日前に、あらためて東京都が抱える課題を専門家の方と現場から考えてみたい。そこから浮かび上がる「首都の争点」とは?