fukuokasofutobankuhokusu

女子W杯優勝の立役者であるミーガン・ラピノー選手に辛辣な言葉を投げかけました。
9回に登板したエース・大谷翔平が、日本最速となる時速165キロの球速をマークした。
かつてこんなチームがあった
今年も日本のプロ野球シーズンが開幕した。近年はサッカーに押され、人気低下も叫ばれているが、国内では「興味がある」とした人がプロ野球が42.6%で1位となった。
人気グループ・嵐の相葉雅紀(32)がさまざまなことを体験し、日本のすばらしさを学んでいくバラエティー『相葉マナブ』(毎週日曜 後6:00 テレビ朝日系)。18日の放送回は、福岡ソフトバンクホークスの新監督に就任し、シーズン開幕前、最後のバラエティー出演となる工藤公康氏(51)が、野球少年だった相葉とキャッチボールに興じ、“カーブ”の投げ方を伝授する。
プロ野球は、"「やめる」より「やめさせられる」選手が多い"という厳しい世界で、他球団で現役を続行できるのは、"ほんのひと握り"である。
プロ野球に対する関心の高さを表すとともに、"声を大にして書いた人が非常に少ない"という事実に愕然(がくぜん)とした。野球記者やライターの多くは、この制度に賛成なのか。それとも触れること自体がタブーなのか。
将来はドラフト会議をなくし、プロ入りを望む選手の多くが意中の球団、または誘われた球団に入り、よりのびのびプレーできる環境作りが大切ではないだろうか。
NPB(日本野球機構)では、2007年から日本シリーズ進出を賭けたクライマックスシリーズを導入したが、本当に必要なのだろうか。
ソフトバンクの柳田悠岐が覚醒の予感を漂わせている。29日の西武戦を終えた時点で、打率3割3分6厘。オフの自主トレを共に行うオリックス・糸井嘉男に次ぐリーグ2位につけている。9本塁打はリーグ10位タイだが、42打点は4位。打撃3部門で上位につけているのだ。