fukushi

子どもの福祉のための制度だが、当事者への支援は十分でない面がある。そのはざまで苦しむ人たちもいるのが現状だ。
医療的ケア児と家族が暮らしやすい社会を目指して活動する「アンリーシュ」の作文コンテスト、受賞作品を紹介します。
医療的ケア児と家族が暮らしやすい社会を目指して活動する「アンリーシュ」の作文コンテスト、受賞作品を紹介します。
2年前の就活では「入社するなら親のサインが必要です」と企業に言われ、内定直前で辞退したことも
生活保護の生活とは、どんなものなのか?参考までに、私が生活保護を受けていた体験を語らせていただきたい。
「保育士や介護士の対応が残忍であること、それはわたしたち自身の日常でも起こっていることだ」。
「理念を語るだけでなく、身の丈にあった小さな一歩を踏み出す行動も大切」
「死ぬのはだめだよ。人生まだまだ楽しいことあるんだから」と語りかけたものの、今後の見通しについて子どもたちにきちんと説明できないのが歯がゆい。
申請主義を越えたのちに訪れる、予防型の福祉の一つの形である『アウトリーチ』の可能性について、NPO法人OVA代表理事・伊藤次郎さん、NPO法人Social Change Agency 代表・横山北斗さんのお二人と対談しました。
このまま長引けば大変なことになるーー。各施設共通の悩みは、マスクやアルコール消毒液がなくなることと、売り上げ減が利用者の工賃に影響が与えることへの不安だ。