funso

あなたが行動しないことで、紛争や干ばつが起きるかもしれない。
20リットルの水運び、一人70センチ四方の空間に身を寄せるしかない難民収容センター。現地に思いを寄せて明日を望む人々につなげたい。一般の人に現場を知ってもらう国境なき医師団の展示会が開かれている
人生で初めて足を踏み入れた中東、レバノン。そこには「紛争」や「テロ」といったイメージとはまた違う街並みが広がっていた。
「勇気と蛮勇は違う」 臆病と言われようとも、私が肝に銘じていることだ
アフリカ大陸でも過去最悪のテロかもしれないのに、日本のメディアの関心の低さに驚く。
自衛隊がいなくなった今、南スーダンの紛争は「どこか遠くの世界の出来事」に過ぎなくなってしまったのだろうか。
シリア出身のラガド・アドリーが、紛争が起きる前のシリアについてお話ししました。