futenmakichi

沖縄県内の基地が9割近くを占めており、普天間基地が64人と最多、キャンプ・ハンセンが51人と続いている。
2月24日の県民投票で民意が示したのは、圧倒的と言っていい「反対」だった。
りゅうちぇるさんや芥川賞作家の平野啓一郎さん、アジカンの後藤正文さん(Gotch)らも署名の記事をシェアしています
玉城デニー知事は反発「言いなりにはならない」
その怒声は、彼の後ろにいる私たちにも向けられている。
翁長雄志前知事についてこう述べた。「命を削って全うしようとしたことが多くの県民の気持ちに宿った。それが私を後押ししてくれた」
投開票は2月4日
同型機CH53Eの飛行再開を発表へ ⇒ 沖縄知事「とんでもない話だ」
米軍から「物が落下した可能性」と連絡があった。
それまで私は沖縄の人は皆、基地の撤去を願っていると思っていたが、地元の人は賛成とも反対とも言い難く、二分化できない複雑な気持ちを持っていることを知った。