gaikokujinkankokyaku

ラグビーW杯は12の都道府県で試合が行われるため、多くの街に外国人観光客が訪れる。文化や風習の違いによるトラブルを避けるにはどうすべきか?在英日本人のコメディアンが解説している。
常連客、銭湯初心者、そして増える外国人観光客。それぞれが銭湯を気持ちよく楽しむために必要な事とは?店主に聞いた
「女性からの予約や問い合わせも意外にも多い」というカプセルホテル「ホテル・ゼン・トーキョー」。その人気の理由を聞いた。
「県の施設でも工夫次第で観光名所になり得るんだという実感がある」と担当者。
大分県の担当者は、「世界のスタンダードとうまく調和していかないといけない」と話していました。
少子化は30年も前から指摘されていたにもかかわらず、抜本的な対策を怠ってきたことが事態を招いた原因です。
日本が外国人も集う多様性に満ちた国になるのは素晴らしいが、目下のところ色んな国から集まっているという訳ではない。
世界中の人々を今以上に"GINZA"に引き付けるため、「GINZA SIX」の果たすべき役割は大きい。しかし...
山本幸三・地方創生相が4月16日、滋賀県大津市で開かれた地方創生に関するセミナーの中で、「一番のがんは文化学芸員と言われる人たちだ。観光マインドが全くない。一掃しなければ駄目だ」と発言し、波紋を広げている。