gaikomondai

電話会談といっても受話器を持って、もしもしとやるわけではありません。
金を積んで中国と対抗しようとしても、それは無理です。札束ではなく、信頼とかアイデアとか、知恵で勝負する時代です。
日本でも著名な国際政治学者のイアン・ブレマー氏は、米国が採るべき外交政策スタンスの選択肢を提示した"SUPERPOWER(超大国)"を5月に出版した。
鳩山由紀夫元首相がクリミア半島を訪問すると明言した。鳩山氏は日本政府による強い自粛要請があったことについて「外交をやるのは外務省だけではない」と反論した。
中国海南省は同省が管轄する海域で操業を行う外国漁船に対し、事前に中国政府の許可を得ることを義務付ける条例を施行した。違反すると、海域からの強制退去を命じられたり、船を差し押さえられたりするという。
安倍首相は1月9日、2014年最初の外遊に出発する。訪問先各国との経済連携を強化するほか、日本が国連安全保障理事会への復帰を目指す2015年の非常任理事国選挙へ向けた票固めを行うことも、訪問の目的の一つとされている。
韓国が防空識別圏を拡大しましたが、これについてはいろいろな見方が存在します。『産経新聞』「東アジアの空『一触即発』 韓国、防空識別圏を拡大 日中と重複」では、「これによって3カ国は複雑な対立の火種を抱えることになり、東アジアの空は『一触即発』状態に陥ったと懸念する声も上がっている」としています。
韓国が自国の防空識別圏の拡大を発表した。日本や中国が設定している防空識別圏と一部重複するため、今後の対立も予想される。しかし、韓国の防空識別圏拡大をアメリカは評価。その理由はどのようなものだろうか。
アメリカホワイトハウスのカーニー報道官は、中国が東シナ海上空に防空識別圏を設定したことは挑発的で、大国がとるべき行動とは相容れないとの考えを示した。
中国国防省が尖閣諸島上空などを含む東シナ海の広い範囲に、「防空識別圏(ADIZ)」を設定したと発表した。この発表に、どのような問題点と危険性があるのか。