gakushushien

新型コロナの影響でテレワークや在宅勤務など社会活動の急激な変化が生じたことが背景にあるという。
埼玉県とコカ・コーラ、埼玉県社会福祉協議会が締結した協定により、対象の自販機で飲料を買うと、売り上げの一部がこども食堂設置のための補助金として活用される。
虐待や貧困など、やむを得ない事情で両親と離れて暮らす子どもたちは自然に学ぶことがほとんどなく、小学校の勉強に苦労する。認定NPO法人「3keys(スリーキーズ)」は、そんな子どもたちへの学習支援に取り組む。拠点充実のため、クラウドファンディングで支援を募っている。
高卒認定試験合格を目指す若者が増えています。
「貧乏」と「貧困」の違い。あなたは、何だと思いますか?
東京学芸大学と品川区は6月12日、経済的に厳しい家庭の子の学習や進路選択の機会を充実させる協定を結び、同大付属竹早中への入学枠も設ける。
実は、前川氏は、文部科学省をお辞めになった後、私が運営するNPO法人キッズドアで、低所得の子どもたちのためにボランティアをしてくださっていた。
日本だけが「好きで子どもを産んだのだから、自分で育てるべき。」と自己責任論が未だに大手を振って歩いている。
「皆」や「初めて」というキーワードが、まさに経験不足として蓄積されていくのが、子どもたちに共通するもののひとつです。
生活保護世帯やひとり親家庭の中学生を対象にした無料の学習支援事業に、希望者のうち約450人が参加できなかった。