genpatsu-saikado

東海第二原発は、11月28日に38歳の誕生日を迎える。
高浜原発の運転延長に向け、原子力規制委の審査の対応にあたっていた関西電力の40代の男性社員が自殺。敦賀労働基準監督署は「過労自殺」と労災認定した。
民進党が低空飛行を続けている原因も、新潟県知事選挙の結果で明らかになったのではないでしょうか。
米山氏は泉田知事の路線を継承し、「現状では原発再稼働は認められない」と訴えて支持を広げた。
住民側は最高裁への特別抗告などを検討しているという。
1977年に運転開始し2017年に40年を迎えようとしていました。
核燃料サイクル事業の安定的運営の継続のためには、再処理機構という認可法人の新設を含めた今回の制度変更は、基本的に望ましい方向と思える。だが…
「決定は『避難計画はどうでもよろしい』と言っている」と指摘しています。
12月12日、第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)は2020年以降の地球温暖化対策の新たな枠組みとなる「パリ協定」を採択した。
福島第一原発事故を受けて全ての原発が停止していた日本で、初めて川内原発が再稼働した。
米国の原子力規制委員会(NRC)で2006〜09年に委員長を務めたデール・クライン氏と懇談させていただき、①福島第一原発・汚染水問題、②原発「40年」ルール問題、③原発ゴミ処分問題、④今後の原発再稼働の見通しなどに関して御意見を伺った。
脱原発から原発回帰へと振り子は動きかけていますが、私たちが声をあげることで振り子は止まります。
川内原発と鹿児島市、桜島の位置関係を、東京の地図に重ねてみたというTwitter投稿が話題だ。