genshiryoku

福島第一原発の地元、双葉町に設置されていた幅16メートルの看板。地元小学生の願いを込めたものだったが、原発事故後は放置。2015年に撤去されていた。
福島で放出された処理水「だけ」を問題にするということであれば、それは取りも直さず福島に対する差別だと思う。
欧米官民が忌避する原子力ビジネスのリスクを背負わされるのは、結局日本国民になりそうだ。
引くも地獄、進むも地獄。東芝は「勝ち逃げ」どころか、「負け逃げ」すら許されない状況なのだ。
昨年のノーベル医学生理学賞を受賞した、大隅良典・東京工業大栄誉教授(72)が11日、愛知県岡崎市で講演し、子どもたちと交流した。
再エネ導入に伴う電気料金の上昇は、ドイツのエネルギー政策上の大問題の一つになっている。
再計算結果によっては、大飯原子力発電所の再稼働が更に遅れる可能性がある。
原発事故の教訓から、運転期間を原則40年に制限する新規制基準が適用されて以降、老朽原発で審査に合格し延長が許可されたのは初めて。
フランスや日本を含む数カ国は、原子炉の使用済み核燃料からプルトニウムを分離し、正当な経済的目的もないまま兵器に転用できるこの危険な核物質を保有している。
2016年、東日本大震災そして原発問題から5年、いったいなぜ日本は再び原子力問題で世界から注目され初めているのか?世界がうらやむこの協定とはなんでしょうか。