genshiryokuhatsuden

この女性は、震災直後の2011年4月には、右胸のしこりを自覚していた。しかし、女性が南相馬市立病院を受診したのはそれから3年3カ月後だった。
国民戦線のマリーヌ・ルペン率いる極右勢力との闘争に勝るとも劣らず「難題」とされているのが、エネルギー・電力問題。
千年後の人々は、20世紀の人間の決断と行動をどのように評価するだろうか。
東芝―WH問題は、インド国家百年の大計ともいえる原発開発計画にも少なからぬ影響を与えつつある。
「東芝危機」のマグニチュードに見合う前例を探すなら、敗戦後の「東芝大争議」しかない。
福島の人々の息遣いを生々しく伝えている。
海水ウランが活用できるようになれば、日本のエネルギー自給率は飛躍的に向上し、日本のエネルギー安全保障の水準も相当上昇する。
2600平方キロメートルに及ぶ地域は汚染され、見捨てられてきました。