genshiryokukiseiiinkai

地震の想定を約2倍に引き上げ、全国の原発で最も高い標高29メートルの防潮堤をつくるなどの対策を妥当と判断したという。
今年6月に鳴り物入りで迎えられた会長の川村隆率いる新経営体制が、早くも壁に突き当たっている
原子力規制委員会の田中俊一委員長が6日、関西電力高浜原発がある福井県高浜町を訪れて地元住民らと意見交換し、北朝鮮のミサイルの脅威について、「(原発を狙うより)東京都のど真ん中に落としたほうがよっぽどいいんじゃないか」と述べた。
関西電力の高浜原発3号機(福井県、出力87万キロワット)が7月4日、原子力規制委員会の最終的な検査を終え、営業運転に入った。
原子力規制委員会の田中俊一委員長は「想像を絶する事態。コメントするのも嫌」などと再三にわたって苦言を呈してきた。
政府の原子力関係閣僚会議は12月21日、福井県敦賀市の高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を正式決定した。
東海第二原発は、11月28日に38歳の誕生日を迎える。
原子力規制委員会は、今月末で運転期間40年を迎える美浜原発3号機(福井県)の運転期間を20年延長することを認知した。
配管から雨水が流れ込むことは重視されてこなかった。
「廃炉という選択肢は現段階でまったくない」