genyu

産油国の生産協調に向けた動きや米国の原油在庫の動向に左右されながら、原油相場は一進一退の推移が続きました。
日銀は自ら設定した野心的すぎる目標に追い詰められている。今後、日銀が取り得る選択肢は主に2つと考えられる。
南米のベネズエラでは、経済破綻の危機が高まっている。
アフリカは巨大な原油埋蔵量を誇るとされており、化学工業が発展する可能性を秘めていますが、現状は悲惨な状態です。どうやって発展していけばいいのでしょうか。
世界銀行は、報告書「一次産品市場の見通し」最新版の中で、2016年の原油価格予測を当初の1バレル当たり37ドルから41ドルに上方修正している。
中東情勢が不安定化しても原油高にならない理由はこれだ!と一言では説明できないのであろうが、こういった状況を作った功績の一つは米国にあるだろう。
ロシアの輸出の約8割は原油やガスなどの資源といわれている。その原油価格が今年になってさらにまた下落しているのである。
中国における金属と石炭の消費量は、世界全体の約50%へと大きく伸びた。
イランと欧米など6カ国はイラン核問題をめぐり最終合意にこぎつけたが、石油輸出国機構(OPEC)は、イランの原油生産が完全に復活するには時間がかかる、と見ており、年内は生産枠を据え置く見通しだ。