giin

若い世代の政治家を増やすための努力を形骸化させてはいけない。
熊本市議会はその後どうなったのか。子連れ会議の是非を超えて行こう!
7月20日、ジャン=リュック・メランション氏率いる左派政党「服従しないフランス」が、ブルボン宮殿(フランス国民議会議事堂)の伝統を揺るがした。
そもそも地方議会に限らず国会でも、議員の外遊・海外視察というものに対しては「税金の無駄遣いではないか?」「それって本当に意味あるの?」という議論は絶えません。
医療ビッグデータの分析やテクノロジーを駆使して、体調の異変を見逃さない仕組みを作れないかと考えているのです。
最近のニュースは政務調査費だけに目がいっているようですが、政治家のお金は何も政務調査費だけではありません。
人々がもっと深く知り、考えたうえで有権者として参画していく「熟議の民主主義」が求められていると思っています。(鈴木寛)
通産省の最終面接で「行政改革とボンカレーの関係を述べよ」と問われ…
渋谷区長・長谷部健「渋谷区という街がおもしろいのは、住んでいる人だけでなく、他の人も『この街はいいな』と思ってくれるところです。」
「政治家・議員」という職業の人達は一般的に、司会に向いている気がします。