ginojisshusei

サプライチェーンにおける人権侵害は、「ビジネスと人権」の国際基準にも反している。
「one visa(ワンビザ)」の企業理念は、「世界から国境をなくす」こと。岡村アルベルト社長は「外国人が搾取されることなく、日本に来られる仕組みを作っていかなくてはいけない」と話す。
日本の政策はいわゆる「ゲストワーカー政策」で、外国人は一時的な労働力であり、出身国に戻る存在とみなされていました。
彼らが『労働者』としての役割を立派に果たしているということを実感した。
日本における在留外国人割合の1.8%は「驚異的に少ない」と国際的には見られています。
外国人が介護福祉士として就労することを全面解禁するとともに、介護現場に外国人の技能実習生を受け入れることも可能とする2つの法律が成立しました。
無駄撲滅プロジェクトチームで、来日外国人に対する生活保護の問題を取り上げましたが、外国人も国籍を問わず、3か月未満の滞在及び短期の在留資格を除いた中長期の滞在資格で入国している者については、社会保障全般の対象になっています。