girisha

今回は「ネイマール率いるブラジル」は「マシーン」に勝てるけど、「メッシ率いるアルゼンチン」は「マシーン」に勝てずに終わるんじゃないか? っていうような予感があるんですよね。
ルイス・ファン・ハールとロビン・ファン・ペルシの親子のようなハイタッチの瞬間からミロスラフ・クローゼの前方宙返りまで、現時点での歓喜の瞬間ベスト10を見ていこう。
本田選手が今後どういう存在になっていくのか・・・が、今後4年間の日本代表チームがどうなっていくのか?に大きく影響を与える『選択』になるからです。
20日朝に行われたワールドカップ一次予選、日本対ギリシャの試合は、「ビミョー」な試合でしたね。
6月20日、FIFAワールドカップブラジル大会、日本代表の2戦目、ギリシャ戦が行われ、0−0の引き分けとなった。攻め続けながら天を取れなかった理由はどこにあるのか、データで紐解いた。
日本対ギリシャ。0-0。攻撃の場面が多かったにもかかわらず、ギリシャを崩しきることができなかった。相手は退場者も出した。なぜ攻撃は機能しなかったのか。
FIFAワールドカップブラジル大会・日本代表のグループリーグ2戦目、ギリシャ戦が6月20日、午前7時にキックオフされる。負けると決勝トーナメント進出が絶望となる日本は、なんとしても勝ち点が欲しいところ。ハフポスト日本版では、テキストとデータで中継する。
6月20日、FIFAワールドカップ・ブラジル大会、日本が属するグループCの第2戦が行われ、日本はギリシャと0-0で引き分けた。サッカーの有識者やメディアは、この試合をどう見たのか。試合展開や戦術や選手起用のほか、次戦のコロンビア戦に向けた展望など関するツイートをまとめた。
開幕が目前に迫ったサッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会。日本が入ったC組は、南米予選を2位で通過したコロンビアが、エースFWファルカオをけがで欠くものの、グループリーグ突破の最右翼だ。 コロンビアの初戦は、日本対コートジボワール戦と同日の14日に行われるギリシャ戦。初戦に勝利すれば、ホセ・ペケルマン監督率いるコロンビアのベスト16入りは濃厚だろう。
サッカー日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督が12月13日、日本記者クラブで記者会見し、1次リーグの組み合わせが決まった2014年6月のブラジル・ワールドカップの展望や、日本代表を率いて3年たった時点での印象などを語った。