gogatsubyo

生活環境の変化や連休中の疲れ、寒暖差や気圧変動などの影響で、5月はお腹のトラブルに悩まされる人が少なくないといいます。草間かほるクリニックの草間香院長に、今すぐできる対策を聞きました。
ゴールデンウィークは過ごし方によっては生活リズムを乱し、連休明けの不調につながることも。連休終盤で意識したいポイントをまとめました。
連休に新しい生活や環境への疲れが一気に出てしまい、五月病になってしまう人もいます。ストレス解消のつもりが、かえって心身の負担となることもあるので、よい時間の過ごし方を心がけましょう。
5月の今の時期は、落ち込んだり不安な気持ちになったりなど、いわゆる「五月病」に悩む人が増える時期でもあります。 今年は新型コロナウイルスの影響もあり、例年以上に注意が必要です。
くさタイプのポケモンが、瀕死の状態で回復薬も使わずに、ほのおタイプのポケモンに戦いを挑むような生活はハードです。
ストレス発散に精を出し、消耗したエネルギーを充電する。この繰り返しを首尾よく行うことが、ストレスとうまく付き合うコツだ。
環境が変わる4月から5月にかけての時期、いわゆる五月病という症状になる人が増えるのはなぜ?
「会社に行きたくない」「会社を辞めたい」と感じている新入社員はどうすればよいのでしょうか。そこで上場企業の経営企画室出身、人事労務コンサルティングに強みを持つ社会保険労務士の榊裕葵氏に聞いてみました。