google

時間がテクノロジーを発展させ、人間は新しいより良い技術を生み出す。そして、我々の生活は向上するはずだが…。
今回Googleが発表したユニークなアプリ3種。スクリーンタイムを監視するものやスマホを「封筒に入れる」ものなどがある。
Googleの親会社「アルファベット」のCEOと社長を退任。新CEOはサンダー・ピチャイ氏。
アプリは無料だが、エイズで命を落としたフレディを悼み、ブライアン・メイらが立ち上げたチャリティファンド「The Mercury Phoenix Trust」に寄付できるボタンが設置されています。
なぜ今さら?その答えは「昔のコンテンツがまだたくさん健在だから」
この機能は、10月中に英語でリリースされ、11月には他の言語でも利用可能になる予定。
共同通信社の47ニュース編集部は「Google側が関係ない写真を拾ってサムネイルに表示してしまうことがある。共同通信としては意図しないトラブルであり、削除依頼を出す」と説明している。
任天堂もすでに、ニンテンドースイッチの一部生産を東南アジアで行っているという報道も。
このイラストレーターはGoogleフロントページを見て希望を感じた過去がありました。6月は「プライド月間」です。
効果音もついているので、ボリュームはオンに。
Googleは6日、サイト上で、数週間以内に新しいGoogleマップの提供を開始すると発表していた。
道半ば、56歳で亡くなるまで点字ブロックの普及に人生を捧げました。
ポスト平成は、様々な“技術革新”によって暮らしや仕事が大きく変貌し、世の中のシステムや常識が大変革を迫られる時代になると予想されています。