gou

夕方から夜にかけて西日本各地では大気の不安定な状態が続き、局地的には激しい雨が降り、道路が冠水したり中小河川が増水するおそれがあります。
7月7日。元サッカー日本代表・巻誠一郎は、豪雨による洪水の被害にあった熊本県人吉市に入った。そこで見たものとは。
東北南部や北海道の山沿いを含むエリアで発生回数が多く、100回以上発生するところが多くなる予想です。
同じ名前のアクセスポイントを設置し、情報を盗聴されるなどの危険性もありるため、セキュリティに要注意です。
雨が降り出す時間は暗く迅速な避難は難しい時間帯。自治体の避難情報をこまめに確認し、可能な限りの対策を講じてください。
九州では線状降水帯が形成されて、猛烈な雨が続くおそれがあり、さらなる水害や土砂災害の発生に厳重な警戒が必要です。