guguru

「タピる」は、タピオカブームが完全に去ってしまったら、どうなるのでしょうか?
グーグルが気候変動を否定するコンテンツについて踏み込んだ対応を取ります。
前任のピーター・フィッツジェラルド氏は、アメリカの本社で新たな役職に就いているとのこと。
打ち間違い、データソース統合、動画解析なども。追加された機能の多くは、AIに重点が置かれています。
グーグルのピチャイ氏は、7月には少数の従業員がオフィスに戻ることができるようにする計画を声明していた。
「私たちは、Black Lives Matterを唱和しながら黒人を犯罪者扱いするビジネスをすべきではありません」
店を応援したいという声がある一方、衛生面にも気をつけたいという声もある。
時間がテクノロジーを発展させ、人間は新しいより良い技術を生み出す。そして、我々の生活は向上するはずだが…。
急上昇ワードをイメージした動画のテーマは「ヒーロー」。公開2週間で8000万回以上再生されています。
「過去5年間で最大の飛躍」 英語版から随時展開
この機能は、10月中に英語でリリースされ、11月には他の言語でも利用可能になる予定。
目に優しいだけでなく、有機ELディスプレイ搭載スマートフォンでは消費電力の削減も期待できます。
「この情報はお勧め機能だけが利用し、広告主に渡されることはない」
発表されたのはCourseKitと呼ばれていたソフトウェアのアップデートで、教師が生徒の作品を調べて、引用のマナーが正しくて盗作がないことをチェックする機能が新たに加わっている。
グーグルは「広告を配信するための情報として一切利用していません」と述べています。
Androidのアップデートができるか否かについては触れていません。
これによりGoogle Playストア、Gmail、YouTubeアプリといったGoogle製アプリが利用できなくなる可能性があります。