gureta-tonberi

日本の気候運動は今後どうあるべきか。「おかしい」現実に対して「おかしい」と声をあげる人たちが抑圧されず、守られる社会に一歩ずつ近づけていきたい。
映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』でカメラが捉えたのは、トゥーンベリさんの才能や葛藤などの「多様性」だった
しかしそのためには、「勇気を持って行動することが必要だ」と訴えています
グレタ・トゥーンベリさんが発起人となった「Fridays For Future」の日本版で2年前から活動し、現在アメリカの大学で環境文学や平和学について学んでいる私が、ここで知った「環境正義」「気候正義」という言葉の意味を、説明してみたい。
アスペルガー症候群であることを公表しているトゥーンベリさん。偏見などによって自閉症と診断されず、必要な支援を受けられない人たちがいると訴えました。
斎藤幸平さんは「人新世の『資本論』」の中で、SDGsはごまかしだと主張。環境対策には、もっと大胆なシステムの変革が必要だと訴える。
人の欲望とのせめぎ合い...SDGs突き詰めると、矛盾にぶち当たる。世界の排水の20%と世界の二酸化炭素排出量の10%を生み出しているファッション業界。いま私たちができるサステナブルは?
環境問題を軽視してきたトランプ氏に、トゥーンベリ氏が最後に送ったメッセージとは
日本の学生ら9人がベトナムで計画されている石炭火力発電所建設「ブンアン2」をめぐり、三菱商事、みずほ・三井住友・三菱UFJのメガバンク3行と国際協力銀行に公開質問状。ビデオ通話や文書での回答を求めています。
「集計を止めろ!」とツイートしたトランプ大統領に向けたトゥーンベリさんのセリフが話題です。理由があります。
トランプ大統領に最高裁判事に指名されたバレット氏。公聴会で気候変動についての回答を避け続けています
貧困や教育、ジェンダー、そして環境問題。初心者や子ども向けの本やビジネス書、分野別のコンテンツまで、厳選したおすすめをご紹介。
ハフコレ編集部
4月18、19日に100のセッションをオンライン開催。当日の見どころを、メンバーがオンラインで語り合いました。
PRESENTED BY セールスフォース・ドットコム
2週間の自主隔離中に症状が出たというが、現在は回復しているという。
「人混みを作らずに、人々の意識を高め、『変化』を主張できる新たな方法を見つけましょう」とトゥーンベリさん。
スウェーデンで多くの人が口にするのは「今、恐ろしいことが起こっている」。スウェーデンでは気候変動ではなく、「地球危機」の文脈で語られている。
トゥーンベリさんが世界の政治家や経済界リーダーにアクションを求める一方、トランプ大統領は楽観的のようだ。