gurinpisu

いつまでも「うなぎ離れ」できない日本人。
PRESENTED BY GREENPEACE JAPAN
息のあった連携プレーと手を抜くところは手を抜く割り切りで、平日の夜も賑やかな食卓を囲もう。
4月1日、新しい年度が始まるこの時期、原発事故で避難指示が出ている地域にも様々な動きがあった。
日本で農業漁業中心の和食文化が長らく続いた後、文明開化の象徴とも言われる肉食文化を再び広めたのは、西洋人ではなかっただろうか。
ペルーにある世界遺産「ナスカの地上絵」付近に、環境保護団体「グリーンピース」が落書きをして避難されていた問題に関連して、同団体が同じペルーの世界遺産、マチュピチュ付近でも活動していたことがわかった。同団体の公式Twitterなどで画像が公開されている。
ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」周辺で、環境保護団体「グリーンピース」が巨大な落書きをした問題で、グリーンピース本部はペルーのリマで、現地時間の12月10日に謝罪声明を出した。
レゴ社は、シェルとの50年にわたる提携を終えることになった。大きな原因となったのは、グリーンピース等が展開してきた「北極圏の環境保護に関するキャンペーン」だ。