gyakusatsu

立花氏は「そんなつもりはさらさらないし、そんなことをする人には大反対」と釈明している。
危機の状況に至った時、国連の国際職員を救出することは決まっていますが、いつも問題になるのは現地職員をどうするかという点です。
アフリカの人たちの伝統的な語りや現地の諺を元にして、平和を作る知恵や知識を学んでもらっている。
旧ユーゴ紛争の最重要戦犯の1人とされる同被告への判決は、東京裁判以来の戦犯法廷として93年に設置された旧ユーゴ国際法廷にとっても節目となる。
3月17日、アメリカのケリー国務長官は、ISが行っているキリスト教徒やイスラム教シーア派の殺害は、ジェノサイドに相当すると発言した。
「異文化を学べば人生は変わる」
戦争の勝者が定着させた公的史観の修正は、容易ではない。ましてベトナムのように、南北の一方が他方を制圧、統一後に共産党の一党体制下に置かれた国家ならなおさらだ。
NHKの『おはよう日本』の6月5日(金)のニュースは慎重でありながら、かつ、伝えるべきことは伝えよう、という意思を感じさせるニュース特集だった。
激しい武力衝突が度々起きているソマリアは「虐殺の中心地」とさえ考えられている。そのソマリアのイメージを変えようと、ソマリア復興省に勤めるウガッソ・アブカー・ボッコウさん(27歳)は行動を起こした。