gyakutai

生後すぐに子どもが殺される事件、表に出て責任を負わされるのは母親ばかりだ。「子どもは1人ではできないのに。本当におかしいですよね」と支援団体の女性は憤った。
「発達障害であることを伝えるのに、そんなにうつむかせなければいけない社会でごめんね」という上司からの言葉で、職場は実家よりも居心地のいい場所になった。
父親からの暴力に怯えていた子ども時代。私もあんな風に、誰かを絶望の淵に立たせてしまうのかもしれない。
ReadyForさんと一緒に開始した『こどもギフト』という寄付型クラウドファンディング。今週から始まった、第四弾の企画を2つご紹介したい。
支援が必要な家庭に物資を定期的に届ける取り組みを行っている「こども宅食」。その目的は、ただ物資を届けることだけではありません。
「DVって身体の暴力のイメージがありましたけど、言葉の暴力もDVに入ると知った。そういうのは家でやると、ほかの方からはわからない。そういう方は悩まないでほしいなって思いました」
暴力的な家庭に居場所を見いだせず、スケボーを通じて出会った少年たちの成長をエモーショナルに綴るドキュメンタリー『行き止まりの世界に生まれて』。トランプ政権を誕生させたと言われるアメリカの現実が描かれる。
生後2カ月の子どもに血液を飲ませた疑いで、母親が逮捕された事件。母親は「代理ミュンヒハウゼン症候群」の可能性があると報じられている。どんな症状なのか?
高裁は懲役8年とした一審を支持。被告側の控訴を棄却した。