habado

「論文の影響は計り知れない」と学術関係者が語るハーバード大ロースクールのラムザイヤー教授の論文。慰安婦をめぐる歴史的考察が間違っているとして、国際的に波紋を広げている。
薄井シンシアさんの子育て経験をまとめた『ハーバード、イェール、プリンストン大学に合格した娘は、どう育てられたのか』。シンシアさんに聞く、これからの時代の子育てのヒントとは?
些細な不安であっても、カウンセラーなど「相談できる相手が常にいる」状態をつくることは、すべての大学が考えるべきテーマだと思います。
皆さんは、ハーバード大学についてどのようなイメージを持っていますか。現役生が、名門校の実情を解説します。あなたが知らないハーバードがここにあります。
アメリカの名門・ハーバード大学が、Facebookで不適切なやりとりがあったとして、今秋入学予定だった少なくとも10人の入学許可を取り消した。
宗教を理解すれば、きっと文化も理解できるようになる。
いま、日本の大学は文科省指導の下、改革されようとしています。日本の大学はアメリカの大学のやり方をコピーしただけでは機能するはずもなく、かといってこのままでは良くないのも明らかで、今野先生の本には深く考えさせられました。
江戸から明治へと時代が変わったばかりの19世紀末。日本の写真家が撮影したモノクロ写真に絵師が色を付け、カラー化したたものを、外国人はおみやげとしてこぞって買い求めた。その中から、東京の名所を収めたものを選んだ。
ハーバード・ビジネス・スクールから日本人留学生が消えつつある、と言われて久しい。
理化学研究所は、小保方晴子さんらが発表した万能細胞「STAP細胞」の作成方法を発表した
理化学研究所の小保方晴子さんらが手がけた「STAP細胞」の論文で、画像に不審な点が見つかった問題で、小保方さんと研究していたハーバード大学のチャールズ・バカンティ教授が声明を発表した。
ヒトの皮膚細胞からSTAP細胞と思われるものを作成したと、ハーバード大学のチャールズ・バカンティ教授が明らかにした。論文発表はされておらず、確認作業が進められている。