hana

実は、フラワーロスはコロナ禍に始まったことではなく、その原因は花業界の構造に内在していたという。
ソメイヨシノの見頃の期間はあまり長くはないので、いつ散ってしまうのか、心配になっている方もいるかもしれません。
チャンスフラワーはブックオフが「サステナビリティ業」に生まれ変わるための「チャンスアイテム」になるかもしれない。
「花のある暮らし」をしてみたいけど、手入れができるか自信がない…という人に、オススメ。意外と、失敗してもリベンジがきくものです🌻
「花のある暮らし」始めませんか? アレンジメントやリースなど、ライフスタイルに合わせて選べます。
ハフコレ編集部
クリエイティブディレクター佐倉康彦さんに、死について尋ねたら、生きることを知った。
お花のある生活、始めてみませんか?
とても自然豊かで、タジキスタンの人々は休日によくピクニックにでかけ、自然を堪能しています。
「人生が3回あっても足りない」。珍しい植物を求め、世界中を飛び回るプラントハンターが語る、植物の魅力とは?
PRESENTED BY BOTANIST
染色アーティストのカーラ・マリー・ピアッザが使うのは、廃棄寸前の「お花」。結婚式のブーケもこんなふうに使われています…