hanketsu

「堂島プレミアムロール」のロゴは消費者に「高品質な堂島ロール」という印象を与えると指摘した。
女性は一審判決後も、ネット上で起きた「二次被害」に悩まされたという
控訴審判決は、まさに、なりふり構わず有罪判決に向けて突っ走ったと言える。
執行猶予に至った理由は、16人と示談が成立しているため。そのうち14人は寛大な判決を求めたという。
シドニーから3大会連続で五輪に出場した元陸上選手と、一緒に考え、議論を深めます。議論は週刊誌のAERA連載で紹介します。いただいたコメントを抜粋・要約することもありますがご了承ください。
諫早湾の開門なくして有明海再生は実現できません。 そして何よりも、確定した司法判断に国が従おうとしないことは、権力の横暴が法の秩序を脅かす大きな問題です。
東京都小平市で2013年5月に都道建設計画の見直しをめぐって行われた住民投票の結果が公表されないのは違法であるとして、住民グループが小平市に情報開示を求めた裁判で、東京地裁は9月5日、住民グループの訴えを退ける判決を下した。
「運転によって人格権が侵害される具体的な危険がある」と、大飯原発の再稼働を差し止める判決を出した福井地裁の樋口裁判長に、心からのキスを贈ります。
福井県おおい町の関西電力大飯原発3・4号機の周辺住民が、関西電力を相手取り運転差し止めを求めていた訴訟で、福井地裁(樋口英明裁判長)は、運転差し止めを命じる判決を言い渡した。
NHKなどの国内各メディアによると、福井地方裁判所は21日、関西電力<9503.T>大飯原発3・4号機(福井県おおい町)の再稼働を認めないとする判決を下した。同原発をめぐっては、住民らが関電に対し、再稼働の差し止めを求める訴訟を起こしていた。
インターネット上に掲載された個人情報の削除を求める「忘れられる権利」をめぐり、ヨーロッパ連合(EU)司法裁判所は5月13日、アメリカのIT大手Googleに対し、自分の情報へのリンクを検索結果から削除するよう求めたスペイン人男性の請求を認める判決を言い渡した。
無許可で客にダンスをさせたとして風俗営業法違反罪に問われた大阪市北区のクラブ「NOON」元経営者、金光(かねみつ)正年被告(51)の判決が4月25日、大阪地裁であり、大阪地裁(斎藤正人裁判長)は無罪(求刑懲役6カ月、罰金100万円)を言い渡した。