hanketsu

池袋暴走事故で、東京地裁が被告に禁固5年の判決を言い渡しました。判決要旨の全文を掲載します。
検察側は禁錮7年、弁護側は無罪をそれぞれ主張していた。過失の認定や、反省の念、飯塚被告に有利な事情は。
強制帰国を恐れ、一人で双子を出産したベトナム人女性。弁護士は「女性は奴隷的な状況に置かれていた」と技能実習制度の問題点を指摘しています。
「急に国家が統制して自由を奪う状況になった」(東京外国語大学・倉田明子准教授)
「博士」ことチョ被告は、一連の事件に関わった加害者の中でも、手口が際立って残忍なことや、会員から受け取った多額の犯罪収益を得ていたことで知られる。
東京地裁は母親の船戸優里被告に懲役8年の有罪判決を下した。10月1日からは父親・雄大被告の公判が始まる。
裁判では、量刑を決めるにあたり、妻に対する夫からの心理的DVをどう捉えるかに注目が集まっていた。
この裁判では、服薬していれば慢性疾患と同様に考えられるHIV感染について、陽性者であることを告知する義務があったかどうかが焦点となっていた。
「回復に必要なのは、社会の側から手を差しのばし、つながり、孤立させない工夫です」