hasebeken

2018年には、渋谷駅前で軽トラが横転させられるなどの騒動が起き、逮捕者も出ていました。
渋谷駅前のホールで「渋谷・新ダイバーシティ条例推進協議会」が主催するシンポジウムがあり、長谷部健区長も登壇した。
俳優の生田斗真(いくた・とうま)がトランスジェンダーの女性を演じる映画 『彼らが本気で編むときは、』を、東京都渋谷区がLGBTを初めとする性的マイノリティに関する啓発事業に活用することをが1月24日、発表された。
同性カップルを結婚に相当する関係と認める「同性パートナーシップ証明書」の発行を、全国にさきがけて実施した東京都渋谷区では、LGBT当事者の男性が2016年9月から3年間の任期で「男女平等・ダイバーシティ推進担当課」の課長を務めている。
元バイトAKBであった強みを活かし、多くの人へ届けられるよう「歌」と「ダンス」というエンタメの力を存分に発揮し、AEDの重要性や使い方を発信している。
多様性を目指す渋谷は、今後どんな取り組みをしていくのだろうか−−。
「渋谷がやらなければ、日本中が変わらない」(Zeebra氏)
渋谷区の同性パートナーシップ条例を主導した長谷部区長にお話を聞けたことは、とても貴重な体験でした。
東京都・渋谷区の長谷部健(はせべ・けん)区長(44)に大学生たちが、若者の政治参加や、LGBTを含む性的マイノリティについてどう取り組んでいるかについて尋ねた。
東京都渋谷区で、同性カップルを結婚に準じる関係と公的に認める全国初の「パートナーシップ証明書」の交付が11月5日から始まった。
LGBTの理解を進めるには、何が大切なのか――。
LGBTの暮らしやすい社会になるには、何か大切なのか――。
同性同士のカップルのパートナーシップを公認する「パートナーシップ証明書」が11月5日、東京都渋谷区で交付されることになった。全国で初めて成立した「同性パートナーシップ条例」に基づくもので、3月に渋谷区の長谷部健区長は10月23日に記者会見を行い、「同性婚を認めるものとは違うが、風穴が開いたと思っている。」と語った。
渋谷区などが、性的少数者が住みやすい町づくりを進めている。区ではLGBTカップルを「結婚に相当する関係」と認定する「パートナーシップ証明書」の発行を決めた。
LGBT当事者や有識者を招き、LGBTについて、みなさんと一緒に理解を深めながら「ダイバーシティ」(多様性)を受け入れる社会について考えます。
渋谷区の新区長は、全国初の「同性パートナーシップ条例」をどう進めるのか? 就任から1カ月となった5月27日、長谷部健区長は記者会見を行い、自身が発案者でもある「同性パートナーシップ条例」について説明。同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める証明については、10月の発行を目指したいと意気込みを語った。
4月26日に投開票が行われた渋谷区長選。自公推薦候補、野党推薦候補との間で、事実上の激しい三つどもえを制して初当選したのは、政党の支持を受けていない元区議の長谷部健氏だった。この結果に、従来の地方選とは異なる「風」が吹いたことを指摘する人も少なくない。なぜ、長谷部氏は政党候補者たちに勝てたのか?
渋谷区長選ですが、ガチンコ無所属、前区議会議員の長谷部健さんが、自公推薦の前都議会自民党幹事長の村上英子さん、民主など4党推薦、共産党ステルス支援の矢部一さんを破り、奇跡的な初当選を遂げました。