hatarakikata

Webデザイナーの藤氏は、「フリーランスは、結果さえ出せれば、自由な時間が取れる」「仕事の責任が増えても、やはり子どもとの時間を大切にしたい」「日本型の働き方から離れて、型破りに「道」を追求してはどうか」と語る。Webデザインの道を突き進む同氏に話を聞いた。
仕事と育児の両立を不安に思う学生は少なくない。また週のうち数時間でも育児サポートがあると助かるという共働き家庭がある。両者を結び付け、学生が共働き家庭で子どもを預かる経験をしながら、キャリアと育児の両立を学ぶという事業を立ち上げたスリール株式会社の堀江敦子氏が、イクメン社長のサイボウズ株式会社の青野慶久と事業経営について語りあった。
高校生の頃から、もやもやとした違和感を持っていた。何に対してかと言うと、自分を覆い包む空気のようなものに。少しでも明確に言えば、日本という国に漂う匂いみたいなものに、なんだかイヤだなあという気持ちを持っていた。
伊藤忠商事が、夜10時以降の残業を禁止するとした新しい制度について、賛成の声も多いが、保育園の送り迎えなどを心配する声が出ている。
むかつく上司に「10倍返し」ができたら、半沢某でなくても「爽快」だろう。だが、それも場合によっては「逆パワハラ」になってしまうかもしれない…
厚生労働省は9月10日、ライフスタイルや希望に応じた働き方を選べるようにするため、正社員の雇用ルールの多様化などを議論する有識者懇談会の初会合を開いた。
『ジョブ型』の働き方を意識して、進路を選んでいる若者が増えているのではないかという分析が、8月15日に大和総研から発表された…
伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した。夜10時以降の業務を禁止とし社内を完全消灯する。また割増賃金の適用範囲を始業時間前の午前9時まで拡大し、社員の早朝出勤を促す。
伊藤忠商事は2日、朝型勤務を推奨する新たな制度を10月から試験的に始めると発表した。深夜の残業を禁止し、早朝の時間外手当を増やすとする。
「どうやって生きていけばいいだろう」と彼は言った。「学歴もなければ大した職歴もない、ぼくらのような人間はどうやって生き残ればいいだろう」