heikinjumyo

OECDは「健康状態」に関する4つの指標を明らかにした。日本が唯一、世界有数の悪い結果を出したのが...。
日本を超えると予想されているのは、闘牛で知られる「あの国」でした。
「短命県」青森、「長寿県」から転落した沖縄の事情は
3年間の健康寿命の延びは、男女とも同じ期間の平均寿命の延びをわずかに上回っている。しかし...
案の定、話題になっている最大の理由は年金制度、検討内容への誤解だ。
厚生労働省の簡易生命表では現在の58歳男性の余命は25年。これによれば私は83歳まで生きられるらしい。
公的年金制度改革では、負担増を迫られる若者と給付が削減される高齢者の対立という構図で議論されることが多いが、対立を緩和するカギは高齢者が働くことによって収入を得て自力で生活を支えることができるようにすることだ。
誰もが一度は不老長寿を夢見るものですが、ニューヨークのアルベルト・アインシュタイン医学校の研究チームが、人間は理論上、最高でも115歳までが限度だとする研究結果を発表しました。
長く生きるために、収入より大切なのは…。
認知症の発症や重症化を防ぐことは、我々日本人が"長寿化社会ニッポン"を生き抜いていくための一助となるだろう。
151の国と地域を対象にして2012年に行われたこの調査結果によると、「世界で最も幸せに暮らせる場所」は…?
「老いる」とは、自己の様々な能力の衰退・喪失の変化を、自尊心を持って受け容れるプロセスということだろうか。
世界保健機関(WHO)が発表した2014年版「世界保健統計」によると、12年の日本人の男女合わせた平均寿命は84歳で前年に続き世界最長となった。 男女別で見ると、日本の女性の平均寿命は87歳で首位。男性は…
「命(ぬち)どぅ宝」これは琉球の言葉で、"今、生きている命を大切にしなさい"という意味である。私はこの言葉を重く受け止めているし、命の尊さもわかっているつもりだ。 命の尊さを知るきっかけとなったのは、1984年秋、私のクラスメートの男子が病死したからである。  
下の図は、経済協力開発機構(OECD)のデータを元に、さまざまな国々の「国民1人当たりの医療費」を、各国の「平均余命」と比較したものだ。見てわかるとおり、医療費と平均余命には非常に密接な関係がある、とてつもなく劣悪な1つの国を除いては。その国がどれかわかるだろうか。
2012年の日本人の平均寿命は、女性が86.41歳で世界一、男性が79.4歳で世界5位となりました。ところで、『平均年齢』は、死亡する年齢の平均値ではないことを、知っていましたか?