hinanseikatsu

「こまめに水分をとる」「トイレをがまんしない」「定期的にからだを動かす」ことが大切です。
災害発生後の3日間で子育て中の家庭が「用意すべきと感じたもの」では、ある物が84%と2位の「水」の51%を大きく引き離して1位に選ばれました。
非常持ち出し袋の中にどんな食料を用意すべきか、奥田教授に教えてもらいました。
地震活動の収束見通しが立たない現状では、応急仮設住宅建設のための安全な場所を見出すことさえ困難だと思われる。
避難所での寝泊まりや車中泊が続くと「エコノミークラス症候群(急性肺血栓塞栓症)」になるおそれがあるという。どうすれば防げるのだろうか。
ネパール大地震は5月25日、発生から1カ月を迎えた。テントで暮らす人々の生活はいま――。
復興は遠く、被災地の苦難は続いている。新しい考えが求められている。地域の問題を、地元の人々の愛郷心と努力に過剰に頼って解決しようとするばかりでは、あまりにも当事者となった人々の負担が大きい。