hinanshiji

大雨などの災害時に自治体が発表する避難情報の運用が、今年5月20日から新しくなっています。
避難情報の運用が、5月20日から新しく変わりました。従来とどう違うのでしょうか?
九州地方に降り続く記録的な大雨で、鹿児島市や霧島市が市内全域に緊急の避難指示を出しました。
気象庁は数十年に一度の重大な災害が予想される「大雨特別警報」を9府県で出した。
気象庁は、土砂災害や洪水に警戒を呼びかけている。
政府による6年ぶりの避難指示解除を記念する「おかえりなさい式典」が催されたのだ。
「原発は安全が前提ではない。機械は万能ではない」という冷静な認識、覚悟が必要だと感じています。
東京電力福島第一原子力発電所に最も近い病院である福島県広野町の高野病院が、昨年末の高野英男院長の急逝によって存続の危機にあることが報じられている。
福島の人々の息遣いを生々しく伝えている。