hoikushi

子どものために、いい親でありたい。でも、具体的にどうすれば良いのかわからない——。
処遇改善と働き方改革。この両輪を、これからも機動的に回し続けていくことで、保育士不足を解消し、待機児童問題を解決していかねばなりません。
千葉市の熊谷市長の発言を機に男性保育士の働き方について議論となっています。
1.66 → 2.02まで出生率が回復したフランス。鍵の一つは保育園にあり。
「まだ現実味がない。太陽みたいな子だった」
保育士は自らの環境をどう思っているのだろうか。
保育士の業務負担を軽減し、保護者とのコミュニケーションを円滑にするアプリ開発へ。
自治体ごとに1園あたりの人数制限も出てくるだろうが、東京都は、社員寮の費用補助を「すべての保育士」としたことで、保育士不足が解消するでしょう。
人手不足だからといって、変えられないわけではありません。
待機児童問題に関心が集まっているが、語られていない「もうひとつの問題」がある。