hokkaidonipponhamufaitazu

傘は、対戦相手のホークスのファンから差し出されたものだった...
9回に登板したエース・大谷翔平が、日本最速となる時速165キロの球速をマークした。
広島東洋カープ-巨人戦の試合前、木村拓也内野守備走塁コーチがMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島のグラウンドで倒れ、病院に搬送された。
今年も日本のプロ野球シーズンが開幕した。近年はサッカーに押され、人気低下も叫ばれているが、国内では「興味がある」とした人がプロ野球が42.6%で1位となった。
プロ野球に対する関心の高さを表すとともに、"声を大にして書いた人が非常に少ない"という事実に愕然(がくぜん)とした。野球記者やライターの多くは、この制度に賛成なのか。それとも触れること自体がタブーなのか。
将来はドラフト会議をなくし、プロ入りを望む選手の多くが意中の球団、または誘われた球団に入り、よりのびのびプレーできる環境作りが大切ではないだろうか。
NPB(日本野球機構)では、2007年から日本シリーズ進出を賭けたクライマックスシリーズを導入したが、本当に必要なのだろうか。
石川ミリオンスターズ(BCリーグ〔プロ野球独立リーグ〕)の木田優夫投手兼ゼネラルマネージャーが現役を引退した。記録よりも記憶に残る投手で、巨人時代は"珠玉のストレート"を武器に、リーグ優勝4回、日本一1回にそれぞれ貢献した。巨人は1986年秋のドラフト会議で、木田優夫投手を1位指名した。背番号は47。187センチ(プロ入り後、1センチ伸びた模様)の長身から投げ下ろす剛速球が武器だったが、制球力に難のある投手だったと記憶している。