hoshasen

「福島原発事故は、この母なる故郷を永遠に奪い去った」避難指示解除後の現実に、渡辺さんの苦悩と憤りは癒やされぬままだ。
動物が紫外線やイオン化放射線への曝露に対する応答としてCPR-4を分泌した後に、CPR-4がどのように作用するかについての手掛かりも示している。
東京電力福島第一原子力発電所に最も近い病院である福島県広野町の高野病院が、昨年末の高野英男院長の急逝によって存続の危機にあることが報じられている。
毎年、科学論文などの功績が認められた学生25人ほどが全世界から招かれるが、日本の高専の学生が選ばれるのは初めてという。
クマムシから発見された新規タンパク質をヒト培養細胞に導入すると、放射線耐性が向上した。
南相馬市立原町第二小学校の山邉彰一校長先生から依頼を受け、小学3-4年生を対象にした出前授業「放射線(ほうしゃせん)って何だろう?」を実施いたしました。
千葉大学 園芸学研究科科長の小林達明教授「福島では放射線の影響はもちろんだが、コミュニティの破壊が最大の問題だと思っている」
ざっくり言うと、「放射性元素を含む化合物を投与し、体内から放射線で病巣細胞を攻撃する治療法」です。
1945年8月6日に広島に原子爆弾は投下され、その被曝による健康影響を調査しているのが放射線影響研究所(以下放影研)であります。
震災から4年がたっても、医師らへの質問は「外遊びをさせても平気なの?」など、震災直後のものとほとんど変わっていない。放射線に関する情報について、何を学ぶべきなのか。
音もなく、臭いもなく、目にも見えない放射能を「オートラジオグラフィ―」という手法で可視化した画像を記録した写真集「放射線像」が発売された。
2011年の東電福島第一原発事故に伴う、福島県のコメの全量検査において、2014年産のコメは基準値を超えたものがゼロだったという。2012年は71点、2013年が28点だった。ゼロになったのは初めて。
福島第一原発のがれき撤去作業中に、放射性物質を含んだ粉じんが飛ばないようにする飛散防止剤をメーカーの推奨する濃度より10倍以上に薄め、散布回数も大幅に減らすよう東京電力が指示していたことが分かった。
2014年9月8-9日、福島市において日本財団が主催、笹川記念協力財団と福島県立医科大学が共催、長崎大学が協力して「放射線と健康リスクを超えて~復興とレジリエンスに向けて~」というテーマを掲げた「第3回福島国際専門家会議」が開催された。9月8日の午前中には2011年に起きた原子力発電所事故の影響について、福島県立医科大学が主になって行われている県民健康調査の結果や他の国内の研究者からの報告が行われ、午後にはWHOや国連科学委員会、ICRPなどの国際的な機関からの報告が行われた。
「ドキュメンタリーな学習」というのは、テレビや映画のドキュメンタリーに登場するような"リアルな現場"を実際に取材して"生身の当事者"が経験した痛みなどを追体験し、問題の本質を考える教育のことで私が勝手に名付けたネーミングだ。
私は先日、漫画『美味しんぼ』の鼻血騒動に思わず乗ってしまったが、議論の推移を見守っていて、とても不思議に思ったことがあった。「なぜ、放射線による直接的な健康被害の有無にこだわるのだろうか?」という疑問である。放射線の直接的な影響についての評価には不明な点が残るが、精神的な影響を介した広範な健康への被害については、明らかに存在していると考えられるからだ。
それにしても、「美味しんぼ」という1漫画に鼻血を書かれたくらいで、政治家から地方自治体までうろたえるほど福島の状況に自信がないというこの現状は根本的におかしいのではないかと思う。
東京電力第一原発事故後の収束作業に携わった作業員の健康調査の在り方について議論している厚生労働省の有識者検討会は5月16日、福島第一原発の事故発生から2011年12月までの間に緊急作業にあたっていた、約2万人全員の健康状況を、死亡時まで追跡調査するとの報告書をまとめた。