ichikawamamoru

2021年10月1日、米メルク社は開発中のコロナ治療薬「モルヌピラビル」の使用によって、軽度から中等度の新型コロナ患者の入院リスクがほぼ半分に下がったことを発表。もし緊急承認されれば、世界初の「飲めるコロナ治療薬」となります。
「新型コロナ猛威」のもとで起きた豪雨災害、いま何が起きているのか。全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)事務局長の明城徹也さんに話を聞きました。
デルタ変異ウイルスのまん延により「第5波」が引き起こされています。その最大の課題の一つとされる「中等症患者の受け入れ困難」は、どのように起きているのか。現場のリアルを聞きました。
実は1年で最も熱中症が起きやすいとされる7月。炎天下での部活動などがイメージされがちですが、「室内にいるのに熱中症」になってしまうケースがあるといいます。そこには意外な落とし穴が…。
夜に「不健康な食事をした」次の日の朝、頭痛や腹痛などの体調不調だけでなく、「仕事のパフォーマンスへの影響」があることがわかりました。なぜ? その原因は、複数あるといいます。
任天堂「リングフィットアドベンチャー」で腰痛が改善? 長引く痛みのコントロールにとても大事な要素として注目される「痛みへの自己効力感」とは?
軍事クーデターの発生から約3か月、ミャンマーでは、国公立病院の閉鎖などに伴う「医療崩壊」が起きています。その実態や背景について、現地在住の日本人医師に聞きました。
アメリカのCDC(疾病管理センター)が、新型コロナウイルスに関する一般向けガイドラインを「接触感染のリスクは『低い』」と改訂。一体どういうこと? その背景を解説します。
「まちなか保健室」への10〜20代女性の予約件数は3倍以上に。緊急事態宣言下の今、いったい何が起きているのか?支援現場から伝えます。
この年末年始は、強い寒波が襲来すると予測されています。もし車に乗っていて大雪による渋滞などで立ち往生してしまったら? また、万が一の時のために、どんなものを準備しておけばよいのか? 「冬の荒天」への備えをまとめました。
2020年11月の国内の自殺者数は1798人となり、2019年(1616人)と比べて11%ほど多くなったことが厚生労働省から発表された。新型コロナウイルスの影響が長期化するの中、求められる支援とは。
2020年の冬は、新型コロナとインフルエンザが同時流行する「ツインデミック」が不安視されていたものの、現状その事態には至っていない。「希望」とも思えるこの状態、この先も続くのだろうか?
数カ月後に冬を迎える日本。新型コロナとインフルエンザが同時に流行る、いわゆる「ツインデミック」が心配されるなか、このデータを「慢心」ではなく「希望」と捉えることが大切です。
コロナ禍でテレワークが広がるなか、腰痛や肩こりなどを訴える人が増えています。作業を快適に行い、体の不調を防ぐためにはどうすれば良いのか?ポイントをまとめました。
「新型コロナの感染が拡大した4月において、全国でどのくらいの人が亡くなったか」が初めてわかるデータが発表されました。国がこれまで公表してきた数字に対する疑いの声が上がっていましたが、果たしてその結果は…。
この報道をどのように理解すればよいのか。医療統計や医療経済学を専門にする五十嵐中さん(横浜市立大学准教授)が質問に答えてくれました。
世界的に感染が拡大する中、ひっ迫した問題に、地域の力を生かして立ち向かおうと始めた取り組みは、ひとつの希望といえるかもしれません。
OECDは「健康状態」に関する4つの指標を明らかにした。日本が唯一、世界有数の悪い結果を出したのが...。
ストレスチェックは人々に「自分はストレスを抱えているのかも」の気づきを与える仕組み。
あなたの仕事の不安を解消するのは「企業所属のお医者さん」