ijime

小学校2年生と5年生の2度にわたり不登校を経験した14歳のハルユキさん。その後、学校に行かないまま親子で会社を設立し、小学生社長に。不登校を経て、なぜ起業をしたのか?話を聞きました。
東京五輪の開会式でオープニングの楽曲担当だった小山田圭吾さんが、壮絶ないじめ加害の告白が問題化して辞任したことを受け、シンガーソングライターの岡崎体育さんが後任に名乗りを上げ、話題を集めている。
問題の記事は「クイック・ジャパン」第3号に掲載。小山田さんは障害を持つ児童らへのいじめに参加していたことを告白していた。
1994年1月号のインタビュー記事は「いじめという問題に対しての倫理観や真摯さに欠ける間違った行為であると思います」。山崎洋一郎編集長が謝罪
東京オリンピック開会式の作曲担当が過去に同級生へのいじめを告白していた問題。森喜朗前会長の女性差別発言などとともに報じた海外メディアも。
東京オリンピック開会式で作曲担当に。雑誌記事での「イジメ告白」が拡散して反発が広がっていた
「その病気、うつるのが心配だって」。吃音を理由にいじめを受けた奥村安莉沙さんは言う。「自分のような思いを、今の子どもたちにしてほしくない」
小学校低学年のいじめとはどんなものなのか、大人はどんな対応ができるか。専門家の指摘を総合すると、いじめの低年齢化が進んだ要因は2つあるという。
双子姉妹のイ・ジェヨン選手、イ・ダヨン選手。学生時代のいじめが次々と発覚し、懲戒処分を受けた。
「どこからがいじめですか」「やり返したら犯罪?」ベストセラー『こども六法』の著者の山崎聡一郎さんが、学校生活のトラブルをめぐる子どもたちの疑問に答えました。