ikizurasa

『クィア・アイ in Japan!』に出演し、性的マイノリティ当事者として発信を続けるKanさん。「キラキラしている部分」以外の自分も発信すると決めている背景には、幼少期から抱えてきた「しんどさ」との向き合いがあった。
ずっと生きづらさを抱えて生きてきた。でも、ライブハウスで美しいバンドマンに見入る。それは至福のときだった。翌日のヘドバンによる筋肉痛さえ、幸せの余韻と思えた。
ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」(Highly Sensitive Person=とても敏感な人)。HSP専門カウンセラーの武田友紀さんに、「繊細さん」が生きやすくなるためのヒントを聞きました。
さて、問いたい。あなたは、今いる場所で、関係性の中で、「大切に」されているだろうか。
「普通でないなら、もう漫画家はやっていけない」 。そう思っていたという漫画家・細川貂々さんは、どう非定型発達の特性と付き合ってきたのか?
漫画『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』が生きづらさを抱える多くの人から共感を得た、永田カビさん。なぜ自身の人生を包み隠さず描くことができたのか? 不登校経験者の伊藤歩さんが聞きました。
「孤独死する人の多くがセルフネグレクト(自分自身の世話を放棄してしまう)の傾向がある」。そう語るのは、ノンフィクションライターの菅野久美子さんだ。彼女はなぜ、孤独死現場の取材を続けるのか。
トランスジェンダーの元就活生が赤裸々に語った当時の悩み。「男と女、どっちで就活したらいいんだろう。一年間、悩んで、誰がみても女性とわかる長い髪で就活していました。」
パリでも東京でも「私はどこにいても満たされない」。そんな自分と向き合い続ける作家・金原ひとみさんが、コロナ禍でもなお同調圧力が支配する日本に問いかける。
職場で感じる生きづらさから楽になるための工夫が詰まった1冊『要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑』。自身も会社員時代まともに会議資料もつくれず、フリーライターの道を選んだという姫野桂さんが、著者である小鳥遊さんとF太さんのお二人に話を聞きました。
精神障害などにより生きづらさを抱えた人向けの情報サイトが4月23日、正式オープン。当事者会などのイベント情報を検索できる機能が人気だ。
連載「 #私たちのフェミニズム をみんなで語ろう」第1回 前編:西村博之(ひろゆき)さん
ネット上の感想では、「大人向け」だったとの声が多く寄せられている『アナ雪2』。2019年に公開された全ディズニー作品を分析してみると、大人が惹き込まれる理由に繋がる、“ある共通点”が見えてきた。
鮮やかなアフリカンプリント製品、そして「自分の生活を変えよう」とするウガンダ人女性との出会いが、私に起業を決意させた。
抗議をした支援団体は、「自分達が存在もしていないかのような無神経な質問に憤りを感じ、動かずには居られなかった」としている。
参院選期間中に、札幌市での安倍晋三首相の街頭演説にヤジを飛ばした市民が警察官に排除されたという問題。当事者に話を聞いた。
メンタルヘルスが原因で離職した若者のなかには、自分を責めたり、キャリアに対する希望を失ってしまう人も多いという。「キズキ ビジネス カレッジ」では、こうした若者が「専門スキルを学びながら次のキャリアを開拓する」就労支援を行う。
「一人一人が『自分にできることって何だろう』って考えていくことこそが大事なんじゃないかなって」。
20代の頃、私は自殺系・自傷系サイトのオフ会にたびたび参加していた。