intan

就活を通して直面した「壁」を壊すために。大学生の私は、新しい就活のあり方を考えました。
世界で20万人が応募。CEOになれるインターンとは
PRESENTED BY アデコグループ
自分の武器を伸ばすために、自分で選んだ3日間
自分語りが苦手だった大学生が、勇気を出して自分のことを話してみた。
そもそも、こども哲学にはこれが正しいやりかた、という正解がない。
想定できていなかったたのは職場復帰後に直面するジレンマのことです。
「自分が何とかしてやろうっていう自走意識が芽生えたら、学んだり、実行することにつながっていくと思います」
PRESENTED BY エン・ジャパン
インターンがコーヒーを淹れたりコピーをとったりしている姿は想像しやすいが...
仕事を選ぶために「やりたいこと」は欠かせない要素。やりたいことがない人が就活でやりたいことについて考えなければいけない時、どうしたら答えが見つかるのでしょうか。
最後に分かったことは単純だけど、世の中一人では生きていけないし、意外と手を差し伸べてくれる世界があるってこと。
「ワーク&ライフ・インターン」とは? 何を経験し、何を学べるのでしょうか。
今できることを手探りで模索していたら、結果オーライ、復職につながったケースも多いようで。
あのアカデミー賞授賞作品を手がけた会社です。
「働き方って外に出て企業で働くことだけでなく、いろいろ組み合わせて自分でできることを続ければいいのだと思います」
留学やボランティアの経験は、企業に求められているものと微妙に異なるという問題があります。
「ネットにある情報を探してつなげるだけ。取材するという概念は全くなかった」
アフリカでは、アルビノの人は約96%がアルビノ狩りと皮膚がんが原因で、30歳までに亡くなってしまいます。
もしも、長年働いている職場から飛び出して、まったく違う環境で学び、初めて会う人たちから刺激を受けることができたら……。
PRESENTED BY 日本生産性本部
インターンを採用の手段にしている限り、企業のPR戦略にのせられて、いつのまにか遣われるだけの社会人になってしまう可能性もあるかもしれません。