ipcc

今のままでは気候変動を止めることはできないーー。そう記された国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」による最新の報告書。その内容について詳しく解説してもらいました。
イギリスの朝番組で、Netflix映画『ドント・ルック・アップ』のワンシーンを再演したかのようなやりとりがり話題となっている。
三井住友フィナンシャルグループ(FG)、三菱商事、東京電力ホールディングス(HD)、中部電力に対し、日本とオーストラリアの環境団体が、気候変動対策の強化を求める株主提案を提出しました。
いよいよ今年の11月30日からパリで、今後の人類の将来を左右するともいわれる気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)が開催される。
2014年9月12日、WWFジャパンも参加している日本の気候変動NGOのネットワークClimate Action Network Japan (CAN-Japan)は、新たな日本の温室効果ガスの排出量削減目標について、提言を発表しました。
時間切れは目前だ。遅れれば遅れるほど、代償は高くなる。気候変動は加速化しており、その主原因は人間の活動である。
アメリカ航空宇宙局(NASA)は5月12日、過去40年に及ぶ観測の結果、南極西部の氷床が温暖化の影響で急速に溶け出し、遅くとも数百年で完全に消失する可能性が高いことを確かめたと発表した。
横浜市で開催されていた国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の総会が3月29日最終日を迎えた。地球温暖化により自然や社会が受ける影響を科学的に評価する第2作業部会が、報告書を7年ぶりに改定し、31日に公表する。日本で初めて開催されたIPCCでどんな議論が交わされ、報告書が作成されたのか。その内容が注目される。
この冬、日本の私たちが経験した大雪も、昨年11月にフィリピンを襲った台風30号(ハイエン)もまだ多くの人の記憶に新しいだろう。いずれの場合も、食を支える農業そして漁業が大きな打撃を受けた。温暖化が進むにつれ、こうした極端な気象現象による自然災害の頻度が増えることが予測されている。
温室効果ガス削減など、気候変動への国際的枠組み作りを協議する国連気候変動枠組条約第19回締結国会議(COP19)が11月11日から22日まで、ポーランドの首都ワルシャワで開幕する。日本政府は新たに温室効果ガス削減目標として「05年比3・8%減」とする方針を固めている。