isuramukagekiha

武装勢力側が市民を盾にしているからだと国軍は弁明する。それにしても、である。
男はイスラム過激派「ヌスラ戦線」の兵士で、幼い娘に自爆テロを実行するよう説得する様子が動画に収められている。
世界中の「心の隙」を抱えたイスラム教徒の若者が、過激思想と出会うことになる。
イスラム教徒の数が世界で急増しているのには幾つかの理由がある。
善と悪、白と黒という単純な二項対立では考えられない世界だからこそ、その間に無限に広がる灰色を見つめて、思考し続ける覚悟。
イスラム過激派のテロを経験したことのない日本だからこそ、客観的な視点での報道をしてほしい。
ダッカでのテロ事件に関与したかどうかについて、地元警察は明かしていない。
「一緒に写真を撮って」と頼まれた時、バングラデシュ人の女性は、わたしの頬を触った。通訳の人に尋ねると、その意味は...
過激派による一連の殺害事件を受けても、バングラデシュ政府は「同国にISは存在しない」と主張し続けている。その代わりに...
テロが当たり前になった時代に、それでも理想を諦めないとしたらどういう「正義」を考えるべきか・・・