itominoruichi

MITメディアラボは、既存のルールを破ってでも社会を変革する素晴らしい取り組みをした人を表彰する「MITメディアラボ不服従賞」の応募受付を開始した。
彼のような人間の存在無しには、インターネットは活発化していなかっただろうし、もはや私たちが存在を当然に感じている、いくつものオープンな資源もなかったはずだ。
ビットコインは通貨のインターネットなのか、という議論が以前から続いている。その議論を一歩進め、もしそうだとすると、社会のプラットフォームとしての可能性は、どう発展させていけばいいのか。
データジャーナリストとしても注目されているネイト・シルバーやNSAの大規模盗聴を暴いたグレン・グリーンウォルドなど、スター記者たちによる新たなメディアの立ち上げが話題です。日本はどうか。
MITメディアラボ所長が語る、データジャーナリズムの事例と課題、未来とは。
12月2日、「なぜプログラミングが必要なのか?」と題したシンポジウムが東京・秋葉原で開催される。主催は角川アスキー総研。入場料は無料。定員は200名。申し込み締め切りは11月29日
日本のオタクコンテンツを翻訳し、Facebookを使って海外にコツコツと発信し続けた。そのページは今や1300万いいね!を超え、日本人が立ち上げたページとしては有数の支持を集めています。英語もまったく話せなかった」というメンバーが成し遂げた世界成功の一歩とは? 
角川アスキー総合研究所が27日、東京都内でシンポジウムを開催。伊藤穣一・MITメディアラボ所長、川上量生・ドワンゴ代表取締役会長、まつもとゆきひろ・Rubyアソシエーション理事長が登壇。テクノロジーと社会の未来像を語った。
MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボと朝日新聞社による共同シンポジウム「メディアが未来にできること」が、東京・六本木の東京ミッドタウンであった...