iyakan

堀尾正明アナウンサーも自戒「雰囲気に呑まれて、相手の国を批判する本当に避けなければ」
日韓関係の悪化が言われる。日本で「嫌韓本」が売れるなど、国民感情も悪化しているように見える。そんな日本を、韓国メディアの東京特派員たちはどう見つめ、どう母国に紹介しようとしているのか、聞いてみた。
第二次安倍政権の誕生以降、2013年からは嫌韓本、嫌中本ブームはもはや爆発的ともいうべき状況を呈している。
中国のブログや中国のツイッター微博などで、日本に対してどんなことが書き込まれているかを紹介する日本語メディアを見ていると、日本に対して好意的なものが多いことが目につきます。
21才の若い韓国の青年たちは臆することなく、ネジくれた日韓の状況に手を差し出す。差しのべるその手を、たとえば嫌韓などと言っている人たちは振り払うのだろうか?と想像した。
従軍慰安婦問題の解決は、日韓間において極めて重要な問題であるだけでなく、女性の人権を巡る国際社会でも高い関心を集めるテーマとなっている。そして、だからこそ、そこにおける議論は、自由でオープンな場で行われるべきである。
相変わらず時差ぼけひどい状態ではありますが、『新華経済』が掲載していた「韓国人の強烈な『反日』は中国人を陥れるため!?「6つの理由」をネットユーザーも支持―中国」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。
中国で利益が挙げられない原因として、当該企業の努力不足(マーケティングの失敗)をどのように判断するかという話で、どこまでが外的要因で、どこからが内的要因ときれいに分けることもできないと考えます。
『Record China』が「『マッコリが売れない!』日本での需要大幅減で韓国メーカー苦悩―韓国紙」という記事を配信しており、いろいろ思うところがあったので、これについて少し。
『産経新聞』が掲載していた「『反日が心配...』韓国への修学旅行に保護者反対、学校側と対立」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。