jamanuingusu-tsuiraku

独ジャーマンウイングス機墜落で、故意に墜落させた疑いのあるアンドレアス・ルビッツ副操縦士が、自殺の方法などについてインターネットで検索していたことが分かった。
独ルフトハンザのカーステン・シュポア最高経営責任者(CEO)は1日、傘下ジャーマンウイングス機の墜落現場近くを訪問したが、記者団からの質問には一切応じなかった。
独ジャーマンウイングス機墜落で、旅客機を故意に墜落させた可能性のある副操縦士について、親会社ルフトハンザの航空学校に在籍中の2009年当初、ルビッツ氏に深刻なうつ病の病歴があったことを学校側が把握していた。
「このクソドアを開けろ!」。機長は再び副操縦士に怒鳴った。
さまざまな憶測はできるだけ排除し、これまでに出てきたルビッツ副操縦士に関するすべての情報を箇条書きにしてみた。
格安航空会社ジャーマンウィングスの墜落事故で、ドイツ検察当局は27日、故意に機体を墜落させたとみられている副操縦士が会社に対して病気を隠していたことを示す証拠が見つかったと発表した。
ジャーマンウィングスの旅客機が3月24日、アルプスの山岳地帯に墜落する前に、パイロットの1人が操縦室を出た後、何らかの原因で戻れなくなった可能性があることが分かった。アメリカのニューヨーク・タイムズ紙が、事故機から回収されたボイスレコーダーの調査担当者の話として報じた。