jidoshasangyo

開発競争が激しくなっている自動運転分野や環境規制対応などが提携の中心になるとみられる。
日本企業の多くが英国にEU拠点をおいており、英国のEU離脱は日本にとっても打撃だと伝えている。
ロボットは、同社が「Sクラス」セダンで提供している多彩なカスタマイズに対応できないことが分かったのだ。
さて日本の自動車産業では、トヨタが国内向けのランドクルーザーに新しい2.8リッターのクリーン・ディーゼルエンジンを搭載したマイナーチェンジ車をリリースしたというニュースが目に入りました。
少し前に読んだMediumの記事が、こころにひっかかっているので簡単に紹介したい。現在、インターネットがメディアのありようを激しく変えている最中だが、かつて自動車産業が勃興したときも同じような状況だった。自動車が作られたはじめたとき、馬車の時代であって、快適な道は少なく、ガソリンスタンドがあるわけでもなく、自動車の未来が来ることは誰の目にも明白だったけれど、それがいつ実現するのかはわからなかった。
手軽なモノづくりのツールとしての三次元プリンターについては、日経ビジネスオンラインの原雄司さんの解説がとても有用だ。
GM(ゼネラル・モーターズ)やフォードなどが本拠を構える自動車の街、米デトロイト市が7月18日、米連邦破産法第9条を申請し破綻した。負債総額は180億ドル(1兆8000億円)で、米国の自治体の破綻としては過去最大規模となる。 デトロイトは1920年代から米国の主要な自動車メーカーが本拠地を構え、世界最大の自動車の街として栄えてきた...